赤面症 治し方

赤面症を治す方法はある?

赤面症を治すには、薬物療法や自己暗示法、森田療法、外科手術など多くの方法があります。

 

ですが、気をつけなければならないのは、これらの方法は、
赤面症だけを治すものではないということです。

 

森田療法は、パニック症候群の人にも使われますし、
外科手術は、多汗症の治療にも使われます。

 

これは、赤面症やパニック症候群、対人恐怖症などの病気が、
交感神経の働きが関係しているからで、共通する部分が多いためです。

 

ですが、根本的な原因は、それぞれ違っているので、
これらの方法が必ずしも赤面症に効果があるとは言い切れません。

 

病院に受診する場合、こうした治療法を知っておかないと、
きちんとした対応をしてもらえないこともありますから、
まずは赤面症についての知識を持つことが大切でしょう。

赤面症について深く知る

赤面症は、緊張すると顔が赤くなる病気、それだけではありません。
例えば、AさんとBさんがいたとします。

 

2人とも赤面症なのですが、Aさんは大勢の人の前に出ると顔が赤くなり、
Bさんは特定の人の前に出ると、顔が赤くなります。

 

この2人が、同じような治療をして、改善すると思いますか?
私は、それぞれの原因を探って、治療するのが妥当だと思います。

 

つまり、顔が赤くなるという症状よりも、その原因をどこまで突き止められるかが、
赤面症を改善させるポイントといえるでしょう。

 

病院に受診する、自分で改善方法を探すなど、治療方法を選ぶにも、
自分の赤面症について深く知ることが大切ですね。